あした晴れるかな

アクセスカウンタ

zoom RSS 「十角館の殺人」

<<   作成日時 : 2011/05/14 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

タイトル: 十角館の殺人
著者: 綾辻行人

オススメ度: ★★★★★


十角館の殺人




十角館と呼ばれる奇妙な館が建つ、今は無人の孤島、角島に
ミステリー研究会の7人が訪れる。

一方、本島では、角島に行かなかったミステリー研究会の
元メンバーの江南の元に、半年前に炎上した青屋敷で焼死した
十角館を建てた建築家・中村青司から手紙が届く。
その内容は、元メンバーの中村千織は殺されたというもの。


角島では、ミステリー研究会のメンバーしかいないはずなのに
次々に殺人事件が発生します。
外部から侵入されたのか、メンバーの誰かなのか?動機は何なのか?
謎が深まる中でストーリーが展開します。

本島では、結局曖昧に片付けられた半年前の事件真相を
この手紙には何か意味があると、江南が突き止めようとします。
そこから見えてきたのは、中村青司に関わる人々の
心にしまっておいた切ない想いが事件の裏に隠されていました。

現在発生している事件と、過去に起きた事件の真相とは・・・。

このロケーションの異なる二ヶ所で事件が発生し、徐々に
糸が繋がってくるのですが、そのトリックがスゴイキティ

小説だからこそ可能な、この驚愕の結末を描けるミステリーですね。


結構前に出版されたミステリー小説ですが、ミステリー好きな人の
ほとんどがオススメということで読んでみましたが、コレは
本当にオススメですね


綾辻行人さんの館シリーズを他にも読んでみたくなりました。







amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十角館の殺人 (YA!ENTERTAINMENT) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
十角館の殺人新装改訂版
楽天ブックス
講談社文庫 綾辻行人 講談社発行年月:2007年10月16日
十角館の殺人
楽天ブックス
Ya! entertainment 綾辻行人 講談社発行年月:2008年09月 ページ数:363p

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これぞ、本格ミステリ!
小説「十角館の殺人」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2012/06/10 19:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「十角館の殺人」 あした晴れるかな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる